"消費税増税法案が三党合意で可決され景気条項を踏まえて早ければさ来年から段階的に10%まで上げられる事になりました。政権交代時に消費税について議論しないと言っていた民主党の詭弁にも呆れますが、このまま増税などしたら日本経済は間違いなく崩壊してしまいます。

日本は今空前のデフレ不況に陥っています。このような中で消費税を増税されるとますます消費の意欲を無くしてしまいます。なぜなら増税したら税収が落ち込むからです。かつて3から5%に消費税が引き上げられた後の税収は増税前と比べて1度たりとも上回っていないからです。

増税論者は高齢者増加による医療費や福祉に充てる為増税しないとますます国の借金が増えてしまうからと主張していますが、増税などしても税収が増えていかないと分かっているのに税収が減少していったらどう責任を取ってくれるのでしょうか。

私は増税どころか消費税を廃止して昔の物品税に戻すべきだと思います。消費意欲を掻き立て税収増へ導かなければならないのに消費にペナルティーを課す消費税は百害あって一利無しなのです。"


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved