FXの通貨ペアについては様々なものがあり、日本でも流動性の高い通貨ペアに人気が集まってきましたが、最近の為替の動きでは、もっともドル円が動きやすき分りやすいのに比べて、クロス円や資源通過などは複雑な動きをするために儲けを出すには敬遠すべき通貨も現れ始めてきています。たとえばユーロ円でいいますとユーロドルとドル円の双方の影響を受けることになるため、ユーロとドルの動き次第では非常に特別な動きをしてりまうため、扱いにくい状況が続いています。したがって直近の通貨ペアでもっとも扱いやすいのはドル円ということができる状態です。特に米国の量的金融緩和終了をめぐっては様々な動きがでるようになっており、主体はドルベースでの上下が基本になっているため、全体としてドルストレート通貨がやはりわかりやすいという部分がかなりはっきりしてきています。世界的な金融情勢によってまた状況が変わりますが、当面はドル円に注目することが利益につながるものと思われます。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved