FXにおいて損切りほど重要なものはありません。利益を出すことよりも、損失を限定することのほうがはるかに重要です。そのためには、予め決めておいたポイントで損切りを実行していく必要があります。損切りができずに大きな損失を出す人のパターンは、一度損切りした後に、すぐさまレートが戻っていくのを見たあとです。この時に、「損切りしなければよかった。」とか「損切りしなくても大丈夫ではないか。」といった考えが生まれ、その次のトレードでは損切りをしなくなります。実際のところ、ほとんどのところで、損切りをしなくてもレートが戻ってくる可能性は高いですが、非常に低い確率ではありますが、そのまま戻ってこないこともあります。この時にロスカットをしないトレーダーは口座資金のほとんどを失ってしまうのです。損切りは資金を大きく減らすことを防ぐための保険です。これがあるからこそ統計的に優位なポイントでトレードができるのです。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved