レバレッジはFXの取引を行う上で最大の魅力の一つです。レバレッジと言うのは本来「てこ」のことを言います。小さな力で大きな物を動かすことができるという作用が同じであるため金融の取引き用語として広く定着しました。

レバレッジでは自己資金(取引き証拠金)の他にも他人資本を利用することができます。つまりFXに使用できる総資産は「自己資金+他人資金」となるのです。FXで他人資本を用いる理由としては取引きにおいての利益率を効果的に高めると言う目的があります。これは変動制とも呼ばれるもので、一般的にはボランティリティを高めるなどといった言われ方が用いられます。

ここに自己資金として100円があったとします。仮に1ドルが100円の時に1ドルを買い、ドルが110円に高騰した時点で1ドルを売却すると利益は10円となります。ここに他人資金として400円分余計に足して500円を総資金として活用した場合には5ドルを買ってやはり110円に高騰した時に売却することで550円の売上、つまり利益は一気に5倍に跳ね上がることになります。

つまり他人資金を取り入れる(レバッレッジ効果を活かす)ことで格段に大きな利益を得ることが可能となるのです。

元々FXにおけるレバレッジは数倍のものから数百倍のものまで、各証券会社によって自由に設定されていました。しかしレバレッジをかけた場合、為替の変動が自分の思惑通りに動いた場合は大きな利益を上げることが可能になりますが、逆に思惑とは反対に動いた場合には利益率が大幅に減るばかりではなく、場合によっては多額の損害を被る恐れもあります。このためレバレッジは諸刃の剣にも例えられてきたのです。

レバレッジはFXの取引を行う上で最大の魅力の一つです。レバレッジと言うのは本来「てこ」のことを言います。小さな力で大きな物を動かすことができるという作用が同じであるため金融の取引き用語として広く定着しました。

レバレッジでは自己資金(取引き証拠金)の他にも他人資本を利用することができます。つまりFXに使用できる総資産は「自己資金+他人資金」となるのです。FXで他人資本を用いる理由としては取引きにおいての利益率を効果的に高めると言う目的があります。これは変動制とも呼ばれるもので、一般的にはボランティリティを高めるなどといった言われ方が用いられます。

ここに自己資金として100円があったとします。仮に1ドルが100円の時に1ドルを買い、ドルが110円に高騰した時点で1ドルを売却すると利益は10円となります。
ここに他人資金として400円分余計に足して500円を総資金として活用した場合には5ドルを買ってやはり110円に高騰した時に売却することで550円の売上、つまり利益は一気に5倍に跳ね上がることになります。つまり他人資金を取り入れる(レバッレッジ効果を活かす)ことで格段に大きな利益を得ることが可能となるのです。

元々FXにおけるレバレッジは数倍のものから数百倍のものまで、各証券会社によって自由に設定されていました。しかしレバレッジをかけた場合、為替の変動が自分の思惑通りに動いた場合は大きな利益を上げることが可能になりますが、逆に思惑とは反対に動いた場合には利益率が大幅に減るばかりではなく、場合によっては多額の損害を被る恐れもあります。このためレバレッジは諸刃の剣にも例えられてきたのです。

FXのレバレッジ効果で実際の自己資金の何倍もの、時には何十倍、何百倍もの利益を得ることができるからくりはこれで理解できたことと思いますが、一方ではリスクも伴うFXのレバレッジは、なぜ非常に大きな好評とともに迎え入れられたのでしょうか。

金融の取引きと言うものは何億円もの資本金を必要とし、その資本力でさらなる巨額の利益を得ると言うのが従来の、特に日本における当たり前の考え方でした。

少なくとも数千万円程度の自己資金がなければ、相手にしてもらえない世界だったのです。また仮に数十万程度で果敢に相場にチャレンジしてもいかんせん自己資金が少ない場合には思うような利益を効率良く生み出すことはできません。しかも常にリスクはついて回るのです。

FXの特徴である高倍率のレバレッジはこうした資産家の専有物であった金融取引きを一気に庶民のレベルまで引き下げることに成功しました。わずか十万円程度の自己資金であっても、レバレッジを効かせることで何百万、何千万と言う利益を得ることが夢ではなくなったからです。

何千万円もの自己資金は到底無理とあきらめていた一般のサラリーマンや、ごく普通の家庭の主婦がこぞってこの「魅力のてこ」であるレバレッジに注目し、また実際に自ら実践し始めました。これまで夢であった何千万円と言う大取引きがごく普通の家庭の主婦のタンス預金程度でも十分に行うことが可能となったのです。これは大きな話題となり、社会現象とさえ言われました。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved