ミセス・ワタナベがFXに殺到したのには大きな理由があります。それは1にも2にもレバレッジ効果の底知れぬ魅力です。わずかな自己資金で巨額の財産を築ける可能性があると言う魅力に逆らうことのできる人がいるでしょうか。

その一方で一般的にFXには大きなリスクが付き物という世間の偏見が強く残っていることも確かです。

しかしあくまでもこれは自己管理能力に欠けた、計画性も市場の分析も行わない無謀なFXを実践した場合の話であって、損切りなどのリスクカットのルールさえしっかり守っていればFXは決して一般の人が思い描くような「ギャンブル」などではなく、至極堅実な投資方法なのです。

しかもFXを行っている人は必ずしも大きなレバレッジ効果ばかりに注目しているわけではありません。FXで堅実に自己資金を増やす方法としては「スワップポイント」を利用することも重要です。スワップポイントと言うのは各国の金利の差によって得られる利益のことです。

現在の日本などのように金利の低い通貨を売って高金利の通貨を買うとスワップポイントが発生します。現在日本以上に低金利政策を行っている国はほとんどありませんから基本的にどこの通貨を買ってもスワップポイントは得ることができると言うことになります。
FXの取引きにはこうした非常に堅実な儲け方もあるのです。

とは言えやはりFXを他の金融商品などと比較して際立ったものとしているのは高倍率のレバレッジ効果でした。一般の家庭の主婦までとりこにしたFXの最大の魅力は何と言ってもレバレッジの魅力であったことは疑いようもありません。

しかしこのような時に冷や水を浴びせかけたのが、最初に触れた金融庁によるFX取引きにおけるレバレッジの規制なのです。

お金をキャッシングするならこちらのサイトを見てね!


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved