情報量はあれば良いというものでもありませんが
これはやっぱり外せません!!
だから書いておきます(笑)


・国際収支統計
各国との経済取引を記録したのものです。
これはほとんどの国が「IMF国際収支マニュアル」に基づいて作成しているので、
基準が同じなのでえ比べることができます。
これで国単位の状況の比較、取引状況の確認をすることができます。


・貿易収支
各国の貿易の経常収支になります。
これは経済指標の中では投資家に一番注目されます。
貿易収支の中でも、国際収支ベースはよく新聞、ニュースで
報道されるほどの注目度なので見逃さないようにしましょう。


・失業率
これでその国の雇用状況がわかります。
知らない方のためにこれは労働力全体に対して失業者がどれくらいいるかの
割合を示したものなので何人中何人の失業者がいるかが分かります。


失業者 ÷ 労働力人口 ×100  


ただし、国によって労働力人口の定義は違いますので、
完全な比較ができるわけではありません。


それでも、アメリカの指標は重要視されているので、
失業率の増加は為替に多大な影響を及ぼすことがあります。


この指標は景気の流れより少し遅れて変化が現われるので、
前回との違いや予想数値を比較して景気を判断することになります。


・非農業部門雇用者数
アメリカの「雇用統計」で使われ雇用統計 = 非農業部門雇用者数
と捉えることもあります。


これは、農業従事者以外への給与支払を集計して出します。
雇用の実態調査のようなものなので、実際に現在働いている方の
データが現れます。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved