投資や資産運用をする上で、いろいろとやることがたくさんあったりします。その中の一つである情報収集にとっても、なかなか重要な作業の一つで、株価の値動き情報はもちろん、企業情報、社会情勢や政治動向、日経平均やダウ平均、円ドルやユーロ円などの為替情報、ほかにもバルチック海運指数、原油価格、商品先物指数などなど。情報収集をとってみてもこれだけのものがあるのですが、さらに、情報の取捨選択をしながら、自分なりの分析とかをして、運用戦略を立てて、リスクチェックをしていくというようなことをさくさくとこなしていったりします。これは、会社組織では、各専門の部署などが設けてあったりするのですが、個人でやる場合は、一人で、全てをこなしていく必要があります。ここで注意しておいてほしいのは、個人が相場で取引する場合は、世界中の一流大学などを卒業したエリート中のエリートの組織集団を相手に取引していることもあるというところ。資産運用においては、機関投資家というものがそれに当たりますので、このような人たちを相手に取引していることを意識すると、投資や資産運用に対する姿勢も少し違ってくると思います。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved