FXの取引に掛かる手数料は、
取引に対する手数料と、スプレッド手数料に分かれます。

取引に対する手数料は1回の取引で○○円など、
明記されているので理解もしやすいと思います。

スプレッドについては為替レートのAsk(買う場合のレート)と
Bit(売る場合のレート)の差の事です。
当然このスプレッドが大きければ利益は少なくなり、
スプレッドが小さいほど有利になります。

例えば、スプレッドが0なら買ったポジションを
そのまま決済したら損も得もしませんが、
スプレッドが5なら5pips分の損失になります。

同じFX業者の口座でも売買の単位やスプレッドで
手数料が変わる場合も多く、最近ではスプレッドが1pip以下
のFX業者も出てきました。

こういった手数料条件も重要な事ですが、
それとともにシステムやレートの安定度も大切です。

FX業者の信頼性もあわせて検討しましょう。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved