FX業者で取引する場合は、一般的には1万通貨
もしくは1000通貨での取引が最小取引単位となっています。

1万通貨の場合は為替レート×10000になるので、
米ドル/円の取引で考えると、1ドル100円とすると、
100円×10000=100万円が取引の最小単位になります。

初期投資が100万円いることになりますが、
レバレッジを活用すれば、その数分の一で済みます。

例を挙げると、レバレッジが100倍なら必要な証拠金は、
100万円÷100=1万円となり、
20倍ならば100万円÷20=5万円となります。

このような少額での取引が出来るのもFXの魅力ですが、
証拠金を少なくすればレバレッジも高くなり、
ロスカットのリスクも上がります。

為替レートにロスカットを含めて幅を持たせたい場合は
レバレッジよりも取引単位を重視しましょう。


Copyright © FXのレバレッジ規制ってどうなの?. All rights reserved